ご飯の保存方法の違いについてお伝えしています。

ご飯が余ってしまったり、多めに炊きたい人にはどのような方法がいいのでしょうか?

  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • 炊飯器の保温
ではどの保存方法がいいのか違いや特徴を見ていきましょう。

ご飯の保存方法の違い

ご飯を多めに炊いて余ってしまった時、どのように保存していますか?

ご飯の保存方法には、そのまま保温しておく方法の他に冷蔵保存や冷凍保存などの保存方法がありますよね。

ご飯を保存しておくなら、いつまでも美味しく、そして安全に保存しておきたいものです。

そこで今回は、ご飯の保存方法の違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

ご飯を冷蔵庫で保存する場合の特徴とは?

ご飯を冷蔵庫で保存する場合の特徴とはどのようなものでしょうか?

余ったご飯の保存方法の一つに、冷蔵庫に保存する方法があります。

では、ご飯を冷蔵庫で保存するのは味や賞味期限などはどうなのでしょうか?

ご飯を冷蔵庫で保存したときの味や賞味期限は?

冷蔵庫でご飯を保存するのはあまりお勧めできません。

なぜなら、冷蔵庫での保存は劣化しやすいからなんです。

まず、ご飯が劣化しやすい温度は2~4度と言われています。

それに対して冷蔵庫内の温度は3~6度とちょうど劣化しやすい温度なのです。

冷蔵庫でご飯を保存する場合、消費期限は2~3日程度となります。

さらに冷蔵庫内は乾燥しやすいので硬くなりやすい環境でもあります。

しかし乾燥してしまったご飯はパラパラとお酒を軽くかけて電子レンジで温めるとパサパサ感を多少改善することができます。

スポンサーリンク

ご飯を冷凍庫で保存する場合の特徴とは?

ご飯を冷凍庫で保存する場合の特徴とはどのようなものでしょうか?

余ったご飯を保存するなら一番のおすすめが冷凍保存となります。

ご飯は冷凍保存をすると、

  • ご飯に含まれる水分が失われずそのまま保存できる
  • 長期保存が可能
という理由から、おすすめの保存方法になります。

ご飯の冷凍保存は賞味期限が長く美味しい!

ご飯の冷凍保存での賞味期限は大体3週間ほどで、1ヵ月くらいなら食べることができます。

さらに、冷凍保存の場合は水分がそのまま保存できるのはもちろん、意外とおいしさも失われず炊き立てそのままの味を楽しむことができるのも魅力です。

冷凍保存したご飯の解凍の仕方!

冷凍ご飯を解凍するときは、凍ったまま電子レンジであたため加熱の機能を使うようにしましょう。

中には自然解凍をしてから電子レンジで温める人がいますが、

  • 水分が失われてパサパサになってしまう
  • 自然解凍の間に細菌が増えてしまう
という原因になります。

味も電子レンジで一気に温めた方が美味しくない出来上がりますよ。

ご飯を炊飯器の保温機能で保存する場合の特徴とは?

ご飯を炊飯器で保存する場合の特徴とはどのようなものでしょうか?

ご飯が炊けると炊飯器ではそのまま自動的に保温機能が働き保温されていきますよね。

保温されている間はおいしく食べられるというイメージがありますが、やはり時間がたってしまうとどうしてもおいしさは失われていきます。

炊飯器の保温機能でどのくらい保存してもいい?

炊飯器ではどのくらい保存できるものなのでしょうか?

実は炊飯器で美味しくご飯を食べられる時間はそう長くありません。

ご飯の炊き立ての味を楽しめる時間は、なんと6時間ほどと言われています。

ご飯を炊飯器で保温しつづけるデメリットとは?

ご飯を炊飯器で保温しつづけるのにはデメリットがあいります。

ご飯の味が落ちる!

ご飯の保温を炊飯器で続けてしまうと、ご飯を加熱し続けることになるのでだんだんとご飯の水分が失われてパサパサとした食感となってしまいます。

電気代がかかる!

炊飯器で保存し続ける時になるのが電気代です。

炊飯器で保温し続ける場合、6時間保温と炊飯をする時の電気代は同じくらいです。

つまり、長時間ご飯を食べないということが分かっているのなら、保温よりも別の方法の方がいいのです。

消費期限が短い!

炊飯器でご飯を保温し続けたときの消費期限は32時間くらいとなります。

これは炊飯器を販売しているメーカーによって違いはありますが、それでも大体24時間~32時間というところがほとんどのようです。

まとめ

ご飯を普段から保存しておくと、いざお腹がすいたときにすぐに食べることができるのでとても便利です。

しかし、ご飯を保存する際には保存方法によって味や日持ちなどが随分違ってきます。

ご飯をより長く、そしておいしさを保ったまま保存しておきたいのなら冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存なら長持ちするだけでなく、食べる時も電子レンジでそのまま温めるだけなのでとても簡単です。

お腹がすいたときにご飯がないとついつい外食やコンビニに頼ってしまいますが、家にご飯があればちょっとおかずを用意して簡単に自炊することができます。

いつでも食べられるようにぜひ普段からご飯を保存しておくのがオススメです!

スポンサーリンク