珪藻土マットの値段

珪藻土バスマットの値段が高い安いという違いとはどこにあるのでしょうか?

珪藻土バスマットを購入しようと思ったとき種類も多いし価格帯もいろいろありますよね。

なので珪藻土バスマットを選ぶとき、選び方のポイントやおすすめ商品はどれなのか迷ってしまいませんか?

珪藻土バスマットの金額の差は商品の品質が違うという理由が考えられますが、実際どのような違いがあるのでしょうか。

珪藻土バスマットの値段だけ見て、安いものを買って使い物にならずゴミになってしまうのもイヤですよね。

ここでは珪藻土バスマットの値段の違いはどこにあるのかをご紹介します。

●珪藻土バスマットの関連記事

⇒「珪藻土バスマット」人気ランキングはこちらです

⇒「風呂上がり子供の足跡で床がベタベタなので珪藻土バスマットを購入!」の記事へ

⇒「珪藻土マットの手入れや掃除の仕方は?汚れたとき洗う方法!」の記事へ

スポンサーリンク

珪藻土バスマットの値段が高い安いの違いとはどこにある?

珪藻土バスマットの値段が高い安いの違いとはどこにあるのでしょうか?

今人気の珪藻土バスマット、我が家でもぜひ使ってみたいと検討している人も多いのではないでしょうか?

ただ珪藻土バスマットの価格の違いを比較してみると

  • 高いものだと8,000円以上
  • 安いものなら1,000円台
と、かなり開きがあります。

初めて購入する人にとって、さすがバスマットに8,000円以上出すのは抵抗があるかと思います。

このように珪藻土マットには商品によってかなり値段の差があるので、初めて購入する人は戸惑うかと思います。

そこで珪藻土バスマットの値段の違いにはどんな理由があるのかをご紹介します。

珪藻土バスマットが日本製の国産か海外産の海外製品かの違い!

珪藻土バスマットの値段は生産国の違いが関係しています。

珪藻土バスマットには、国産メーカーが作っているものと海外で製造されたものがあります。

主に珪藻土バスマットの値段が高いものは国産メーカーのものがほとんどで、安いものは主に海外産、特に中国などが多い傾向にあります。

珪藻土バスマットの吸水力の違いが値段に関係!

珪藻土バスマットは吸水力の違いも値段に関係しています。

珪藻土バスマットの値段が安いものと高いものの両方を使ったことがある人の多くが口をそろえて言うのが「吸水力が違う」という事です。

価格が安い珪藻土バスマットの中には、ほとんど水分を吸い取ってくれないというものもあるようです。

しかし、ほとんどの物はきちんとした吸水性があるとのこと。

珪藻土バスマットの値段が安いものは水分をしっかりと吸ってくれるという感覚ですが、値段が高い珪藻土バスマットになると足自体が吸い付かれるという感覚があるそうです。

スポンサーリンク

珪藻土バスマットの値段が安いものは匂いが気になる!

珪藻土は藻が化石化した鉱物なので、匂いが気になるという人もいるのではないでしょうか?

実は珪藻土バスマットの臭い、商品によって違いがあるようです。

珪藻土バスマットの匂い違いを感じるのが値段が安いものか高いものかという事です。

例えば、値段の高い珪藻土バスマットはほとんど臭いが気にならないのに、値段が安い珪藻土バスマットのは匂いが気になるという人が多くいます。

珪藻土バスマットの値段の差は吸水性の持続力の違い!

珪藻土バスマットの値段の差は吸水性力の違いにも関係しています。

珪藻土バスマットは安いものでも2,000円~3,000円程度するものなので、なるべく長く使いたいものですよね。

しかし、珪藻土バスマットを使い続ければどうしても吸水力は落ちてしまいます。

これは、きちんとメンテナンスを行っていても仕方がないもので、吸水力が悪くなったらいわゆる「寿命」となります。

珪藻土バスマットの吸水力の持続性が安いものと高いものとでは違いがあり値段にも反映してきます。

高い珪藻土バスマットなら、使い続けても急に吸水力が落ちるという事はなく、メンテナンス次第では長く使い続けることができます。

しかし、安い珪藻土バスマットの中には最初はきちんと吸水をしてくれていたのにすぐに吸水性が悪くなったというものもあるようです。

もちろん、珪藻土の性質上どうしても吸水力はだんだんと落ちてしまうのは仕方がありません。

珪藻土バスマットの吸水力がより持続してくれるのが値段の高い珪藻土マットであることが多いのです。

珪藻土バスマットの寿命が違いが値段の違い!

珪藻土は鉱物なので、一度購入すればメンテナンスをして半永久的に使用できるような気がしますよね。

しかし、メーカーに確認をしてみると、ほとんどの珪藻土は1年~2年程度となっています。

その寿命の違いが珪藻土バスマットの値段の違いとなっていることが多いようです。

例えば、安い珪藻土マットであれば寿命は1年ほど、高いものであれば2年ほどと差は出てきます。

ただ、中には上手にメンテナンスをしていくことで4~5年ほど使っても吸水力があるという珪藻土マットもあるようです。

寿命の長い珪藻土マットのほとんどは値段の高い国産の珪藻土バスマットのようです。

珪藻土バスマットのサイズや大きさの違いで値段が違う!

珪藻土バスマットと言ってもサイズはみんな同じではありません。

使用用途に合わせて様々なサイズがあります。

珪藻土バスマットのメーカーによっては1サイズしかない所もあります。

逆に数種類のサイズの中から好きなサイズを選ぶことができる珪藻土バスマットのメーカーもあります。

使用用途によって珪藻土バスマットのサイズを選ぶのがおすすめです!

わたしの家の場合は、子供2人が同時に乗っても大丈夫なサイズにと思い大きいサイズの珪藻土バスマットを購入しました。

珪藻土バスマットは当たり前ですがサイズで値段が違い、大きい方が値段が高いです。

そのため珪藻土バスマットを購入するときは値段だけでなくサイズもチェックしてみてください。

珪藻土バスマットの値段だけで購入したら、サイズが小さかったという失敗をしないようにしてくださいね。

●珪藻土バスマットの関連記事

⇒「珪藻土バスマット」人気ランキングはこちらです

⇒「風呂上がり子供の足跡で床がベタベタなので珪藻土バスマットを購入!」の記事へ

⇒「珪藻土マットの手入れや掃除の仕方は?汚れたとき洗う方法!」の記事へ

まとめ

珪藻土マットは、値段に違いがありその多くは高ければ高いほど品質も高いという事が言えます。

しかし中には値段は安くとも品質が高くコスパの良い珪藻土バスマットも少なくないようです。

珪藻土マットを購入するときには、後悔しないように良い商品を購入したいですね。

スポンサーリンク