シングルファザーの料理メニュー

シングルファザーの料理メニューとはどのようなものでしょうか?

ご飯は何作ったらいいのか本当に困りますよね!

父子家庭の父親にも作れる料理や食事メニューにはどのようなものがあるでしょうか?

シングルファザーの僕でも簡単に作れる料理をまとめました。

この記事では父子家庭の父親はどんな夜ご飯を作っているのか食事のレテパートリーを紹介します!

シングルファザーのパパは毎日の料理メニューに困っているのではないでしょうか?

今日は夜ご飯どうしようか?と仕事中に考えてしまいますよね!

シングルファザーの料理メニューってどのようなものなのか我が家の場合を紹介します。

ご飯や食事の用意に困る父子家庭の父親の参考になればと思います。

スポンサーリンク

祖父母の協力なしで頑張るシングルファザーは料理が一番困る!

父子家庭の父親は祖母など周りの協力なしで頑張っている人も多いと聞きます。

自分もその一人です。

シングルファザーの料理や食事メニューの悩みは

  • 惣菜ばかり買うとお金がかかる
  • 外食はもっとお金がかかる
  • 仕事から帰ってゆっくりお腹が空いた子供にご飯を作る時間もない
というようなことではないでしょうか!

惣菜や外食はたまにはいいですが毎日はさすがにできません。

食事を惣菜ばかりに頼るとお金がかかってしまう!

食事メニューを惣菜ばかりに頼るとお金がかかってしまいます。

仕事帰りにスーパーによって惣菜のおかずを買えば、

  • 帰宅してすぐに夜ご飯を食べることができる
  • 調理器具や食器など洗う手間が省ける
  • 自分の負担が少ない
などのメリットがあります。

しかし毎日惣菜を利用し続けると食事の用意が便利な反面、お金がかかってしまうとういうデメリットがあります。

とはいうものの食費の負担を抑えるために自分で作ろうとすると

  • ゆっくりご飯を作る時間がない
  • 料理のレパートリーが少ない
という問題もあります。

なので簡単に作れて時間のかからない料理を作らなければいけないことになってしまいます。

なのでシングルファザーにとって料理や食事のメニューを毎日考えるのは本当に大変なことなんです!

すぐに忘れてしまうので自分のためにも夕ご飯の食事メニューを書き残しておくことにしました。

料理上手な主婦の方を尊敬できる!今は勉強中!!

料理上手な主婦の方って本当に尊敬できます。

スーパーなどで主婦の方は食材を見てから料理メニューや献立を考えることができます。

しかし料理勉強中の僕には、まだちょっとできそうにありません。

シングルファザーの僕の場合は、

  • 作る料理を先に決めてから食事の材料を買っています。
  • アレンジ料理もまだできません。
  • 凝った料理も作れません。
という状態です。

またお値打ちだからといって買っても食材を買っても使わないで残してしまうことも多いです。

僕の子供達に好評だった料理メニューを書き残して、今日の食事は何を作ろうか迷ったときに自分にも参考にしていきます。

シングルファザーや父子家庭の父親もできる簡単料理メニュー

シングルファザーや父子家庭の父親は、そんなに凝った料理を作る腕も時間もなかなか無いですよね?

仕事から疲れて帰ってクタクタでも子供に何も食べさせないわけにはいきません。

とくに平日は

  • 時間をかけずに料理を作りたい
  • それなりに美味しい料理を作りたい
というものです。

僕も同じです。

シングルになりたての頃は本当に苦戦しました。

しかし徐々に慣れてきましたよ!

そんな今まで料理を作ったことがなかった僕でも作れる簡単な料理メニューのレパートリーを紹介します。

料理のレパートリーと言ってもネットで検索して作ってみたものがほとんどです。

しかしネットで検索して作った料理が子供に好評だった場合、もういちど作ろうとするのですが

  • どのレシピで作ったかな?
  • 似たような料理が多くて前作った料理レシピがみつからない!
となってしまうことが何度かあったので覚書としても残しています。

肉料理

子供は肉が大好きですよね。

焼いて作るだけの肉料理なら簡単に作ることが可能です。

定番のものばかりですが、料理が苦手というパパも肉料理を作るときの参考にしてください。

豚の生姜焼き

豚肉を焼いて味付けするだけ。

生姜焼きのタレというものがありますので僕でもそれなりに作れます。

しょうが焼きのタレの写真

他にも

  • 照り焼きチキンのタレ
  • 味噌だれ
などもあります。

野菜とセットにすれば完成です。

てりマヨ豚丼

豚肉の細切れに片栗粉をつけて焼き、まよねーすや醤油やみりんなどの調味料で味付けするだけ。

子供達に好評でしたし、自分でも美味しいと思いました。

↓ ↓
DELISH KITCHENさん(てりマヨ豚丼)のページへのリンクです

動画があるので助かります!

ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰めの種を多めに作り、残りをハンバーグに使用しています。

つまり

  • 1日はピーマンの肉詰め
  • 2日目or3日目に作り置きした種でハンバーグ
にしています。

この方法は下記のサイトで知り、アイデアを使わせてもらっています。

もちろんレシピも使わせてもらっています!

↓ ↓
クックパッドさん(簡単☆ピーマンの肉詰め)のページへのリンクです

ハンバーグ

1日目は準備に多少時間を使いますが、作り置きした冷凍ハンバーグは焼くだけなので、かなり楽ができます。

ハンバーグは

  • デミグラスソースで食べる
  • チーズを乗せる
  • 煮込む
など、ハンバーグの食べ方もいろいろ日によって変えることもできますよ!

唐揚げ

子供達が大好きな唐揚げ。

最初の頃は近くのスーパーの惣菜を購入していましたが5個入りで400円程度の値段がします!

子供達は1人で3~5個食べたがるので、どうしても高くついてしまいます。

でも自分で作れば半分以下の金額で唐揚げを作ることができます。

味付けもスーパーに行くと

  • 塩味系
  • しょうゆ系
  • 名店の味シリーズ
など、たくさんの唐揚げ粉の種類があります!

これも知り合いから、惣菜で唐揚げなんて買っていたら絶対勿体ない!と言われたことがきっかけです。

ただ鶏の唐揚げは後片付けも面倒なので、週末や休みの日のメニューになっています!

パリパリチキンステーキ

パリパリチキンの素というものがあるので、簡単にパリッとしたチキン焼きを作ることができます。

パリパリチキンの素

粉をチキンの皮にかけてフライパンで焼くだけなんです。

肉が焼けたら付属のソースをからめて完成です。

とんかつ

とんかつも子供たちが大好きなメニューの1つ。

唐揚げと同じく、作り立てがやっぱり一番おいしいですよね!

ただこちらも作るのが面倒というのがデメリット。

なので週末しかなかなか作れません。

でも子供達には好評です。

とんかつの食べ方も

  • ソースをかけて食べる
  • 味噌をかけて食べる
  • 和風に大根おろしとポン酢で食べる
  • カツ丼にして食べる
など、その日の気分でアレンジすることもできますよ!

焼肉

焼肉は焼くだけなので簡単!

ホットプレートがあれば、ホットプレートを使って焼くと楽しみながら食べれます!

⇒ホットプレートの人気はこちらです

カセットコンロの上にフライパンを乗せて焼くのもいいでしょう!

⇒カセットコンロの人気はこちらです

ただ、焼肉は食材の金額がちょっと高くついてしまうのがデメリットです。

そして部屋のニオイも翌日まで残るのがデメリットです。

なので我が家では豚肉、鶏肉、ウインナー、野菜がメインです。

時々スーパーへ夕方遅めに行くと、半額になっている約肉セット盛合せに出会えることがあるので、そんなときには思わず買ってしまいます!

約1600円くらいの焼肉盛合せが800円くらいになっているのです(笑)

また分厚いお肉は硬いとよく言うので、噛み切りやすい薄い肉を買うことが多いです!

スポンサーリンク

魚料理(焼き魚)

うちの子供は魚も結構好きです。
ただし骨が無いものが!

骨があると、もったいない食べ方をされます。

あと、コンロで魚小焼くと魚を焼いた後にコンロを洗うのが面倒です。

なのでフライパンで焼ける魚が多いです。

メカジキのバター照り焼き

とくにうちの子供達は骨のない「めかじき」が好きです。

めかじきを焼くときはこちらを見ながら作っています。

⇒「メカジキのバター照り焼き」の作り方レシピ(DELISH KITCHEN)

鮭のムニエル

骨取り(骨が取り除いてある魚)も時々買います。

子供に骨を取ってあげる手間が省けます。

ただ、100%信用することができません。骨取りと書いてあっても、骨が残っていることも時々あります。

ししゃも

ししゃもは焼くだけなので超簡単。

まぐろの漬け丼

マグロの短冊をかってきて薄くスライス。

漬け丼のたれにしばらくつけておきご飯に乗せるだけ。

まぐろのユッケ丼のタレもおすすめです。

しらすご飯

しらすを買ってきてご飯の上にのせるだけ。

大根おろしをのせて醤油をかけるだけ。

しらすごはん用のタレも売ってますよ。

魚料理(煮魚)

煮魚もレパートリーを増やしたいところですが、まだまだ勉強中。

鰤(ぶり)の煮付け

ぶりの切り身は骨がなくて(少なくて)、子供達も食べやすいのでよく買います。

ぶりの煮付けのレシピはたくさん紹介されているので助かります!

魚料理(その他)

焼くでもなく煮るでもない魚料理。

何て呼ぶのだろうか?

鮭のホイル焼き

鮭のホイル焼きは超簡単!

準備もラクだし、料理した後の片付けもキッチンが汚れないので簡単。

魚焼きグリルコンロ、フライパン、オーブントースターでも調理できます。

鮭の切り身にタマネギやえのきとバターを乗せアルミホイルに包んで加熱するだけ。

食べる前に醤油をかければ完成です。

麺類

麺類の料理は作りやすく、それに子供も大好きなメニューなのでとても助かります。

時間がない時によく作ります!

焼きそば

肉と野菜を焼いて焼きそばの麺を入れます。

そして焼きそばソースをかけて仕上げるだけなので簡単です。

ラーメン

ラーメンは子供達が大好きなメニューの1つ。

いろいろな種類の味があるので飽きることもありません。

ただ我が家の場合、

  • 下の子供は醤油ラーメン
  • 上の子供は味噌ラーメン
が好きなので面倒ですが。

野菜炒めをラーメンの中に入れていますよ!

うどん

うちの子供たちは、うどんの中でも

  • カレーうどん
  • 味噌煮込みうどん
が特に好きです。

銀色の鍋に入っていて、そのままコンロにかけて作ることのできる鍋やきうどんは作る側にとってととも便利です。

しかも美味しい!

食べ終わったあともショックを洗う手間も不要です。

  • 天ぷらうどん
  • きつねうどん
  • 味噌煮込みうどん
など匙の種類もいろいろありますよ。

スパゲティ(パスタ)

スパゲティ(パスタ)のソースはたくさんの種類が売られています。

パスタの麺を茹でてソースを温めてかけるだけ。

パスタソースを使用しないで作るパスタも挑戦したいと思っていますが、なかなかできません。

ナポリタンを作るときなど味を見た目でごまかすために、鉄板皿を買いました。

⇒「鉄板皿」の一覧はこちらです

ハンバーグやお肉を作るときに乗せるのもおすすめです!

見た目が変わるのでいろいろな料理に使えます。

職場の先輩主婦に教えてもらった小技です。

そうめん

夏はとても助かるのが「そうめん」。

麺つゆがあれば超簡単ですよね。

野菜料理

野菜を使った料理はあまりつくれていないのが現状です。

理由は子供たちがあまり食べてくれないから。

主婦のみなさんは野菜嫌いな子供たちに工夫しながら料理を作っているという話をテレビなどで見たりします。

ここが料理の課題です。

野菜炒め

野菜炒めは、はじめから複数の野菜がカットされ洗わずにそのまま調理に使用できる野菜が売られています。

その野菜に肉を入れて野菜炒めを作っています。

うちの子供が好きな野菜炒めはこちらです。

↓ ↓
レシピ大百科さん(野菜たっぷり!中華屋さんの肉野菜炒め)のページへのリンクです

きゅうりの紫蘇(しそ)漬け

きゅうりの紫蘇(しそ)漬けは簡単です。

カットしたキュウリをタッパに入れ「ゆかり(しそ)ふりかけ」をかけて冷蔵庫にいれておくだけ。

子供たちのおやつにもなります。

冷凍やチルドのお手軽で簡単な料理メニュー

冷凍やチルドなら仕事で帰りが遅くなったときや自分の体調がすぐれない時などに、すごく助かる料理メニューです。

とくに例とは子供たちがお腹空いたときに自分で作って食べてくれるので冷蔵庫の中に用意してストックしておくと便利です。

ギョーザ

ギョーザは自分で手作りすると大変ですが、冷凍やチルドならフライパンで焼くだけ。

味の種類もいろいろ揃っているので週に1回登場しても飽きません!

お米・ライス

お米(ライス)料理も子供達が大好き。

ちょっと手間のかかるものから簡単に作れるものまでありますよね。

カレーライスやハヤシライス

本当に時間が無いときはレトルトカレーやハヤシライスで勘弁してもらうときもあります。

意外に美味しいので子供達は喜んで食べています。

そのため、いざというときのためにレトルトカレーはある程度の在庫をストックしてあります。

炒飯(チャーハン)

炒飯(チャーハン)の素にもたくさんの味の種類があります。

うちの子供達は「かにチャーハン」がお気に入りです。

オムライス

オムライスやチキンライスの素も売っています。

卵を上に乗せるのがちょっと手間ですが割と簡単に作れます。

ただ洋食店のようなふわふわでトロッとした卵をつくることはできませんが、子供達はあまり気にしてはいません。

自分でケチャップを使いオムライスを作るレシピもたくさん紹介されています。

冬によく利用するのが鍋の元のスープ。

最近では味の種類豊富で、スープの中に野菜や肉などの具材を入れるだけ。

野菜は鍋用にいろいろな種類がパックになっているものがあり、それを使うと便利です。

いろいろな野菜がはじめから入っているので別々に買って切る必要がありません。

お肉や具材も鍋用のセットになっているものがあります。

そのため具材をバラバラに買わなくてすむので助かっています。

値段もバラバラに買うより安く済むのではないでしょうか!

料理の本も参考にしています!

本からも料理や食事のレシピも参考にしています。

料理のレパートリーを増やすためにチェックをしていますが結構参考になります。

書店に行けば料理の本がいろいろありますが、おすすめは図書館です。

図書館には料理コーナーがあり、そこにはたくさんの料理本があります。

  • 時短料理
  • 男メシ
  • 弁当のおかず
など以外に魅力的な料理本もあります。

いい料理本が見つかったら手元に置いておくために書店で購入するのもいいかもしれませんね。

⇒時短料理のレシピ本の一覧はこちら

時短料理のレシピ本はとても参考になる!

時短料理のレシピ本はとても参考になります。

お金をかけたくない場合は図書館に行けば借りることができます。

そしてレシピ本の中で気に入った料理が見つかったら

  • コピーをとる
  • 写真を撮る
などして保存して残しておくのがおすすめです。

本当に5分とか10分で料理が作れる?

時短料理のレシピ本の中には5分とか10分で簡単に作れるというようなタイトルやキャッチコピーのついた本がたくさんあります。

しかし手際の悪い自分はなかなかタイトルに書いてあるような時間ではまだまだ料理を作ることができません。

もう少し野菜をカットしたりすることに慣れてきたら可能になるかもしれません。

まだまだ料理勉強中です!

まとめ

料理はパソコンやスマホで検索するとたくさんレシピを紹介してくれているサイトがあるのでとても便利です。

仕事の移動時間を使って

  • 今日は夜ご飯何を作ろうか?
  • あの食材が余っているからどう使おうか?
など食事メニューを調べることができます。

逆にレシピや料理の種類が多くて迷ってしまったり、ページ数が多くて途中までで満足してしまうことまあります。

できるだけ時間を節約しながら夜ご飯の料理を作るようにしています!

スポンサーリンク