キッチン収納に困る

取っ手が取れるフライパンや持ち手が外せる鍋はメリットいっぱい!

キッチン収納に困る鍋やフライパンをスマートに片付ける便利アイテムを紹介します。

鍋やフライパンを片付けるときキッチンの収納棚や引き出しに取っ手や持ち手が邪魔になって上手く収納できないという悩みありませんか?

キッチンで収納しなければならない物といえば、食器・食品、そして忘れてならないのが鍋やフライパン。

大きさもありますが、鍋やフライパンは取っ手や持ち手があって、なかなか上手に収納するのが難しいですよね!

そんな鍋やフライパンをすっきりと収納することが出来るアイテムを紹介します。

⇒取っ手が取れるフライパンはこちらからチェックできます

⇒取っ手が取れる鍋はこちらからチェックできます

⇒取っ手が外れる鍋はこちらからチェックできます

目次

  • 取っ手が取れる鍋や外せるフライパンは収納に便利!特徴は?
  • 取っ手が取れる鍋や外せるフライパンのメリットは収納だけじゃない!
  • まとめ
スポンサーリンク

取っ手が取れるフライパンや持ち手が外せる鍋は収納に便利!

鍋やフライパンといえば、多くの人が悩んでいるのが収納ではないでしょうか?

もちろん大きいものから並べて重ねて収納することもできますが、そうするとどうしても取っ手や持ち手が引っ掛かってしまいきれいにしまうことができませんよね。

それならいっそ持ち手や取っ手がなくなってしまえばいいのにと思うかもしれませんが、もちろんそうすれば料理をするのに不便です。

しかし、実際にとってのない鍋やフライパンがあるんですよ。

それが、取っ手が取れるフライパンや取っ手が外せる鍋なんです。

取っ手が取れるフライパンや鍋の特徴とは?

取っ手が取れるフライパンや鍋にはどんな特徴があるのでしょうか?

料理に使うときには取っ手や持ち手がついているのですが、料理が終わったら取り外して収納することができるんです。

フライパンや鍋の取っ手が取れるので

  • すっきり収納することができる
  • 取っ手の部分の汚れが落としやすい
という特徴があります。

僕も調理器具を購入する時に、この取っ手が取れるフライパンや鍋をすすめられました。

そして最初に買うならセットで売っているのでとても便利だという事を教えてくれたんです。

取っ手が取れる鍋とフライパンのセット

そのアドバイスを元に思い切って鍋、フライパンを2サイズ、蓋(ふた)、持ち手の5つがセットになっているものを購入しました。

重ねることができて収納が便利!

鍋とフライパンが一つに重ねて収納することができるので本当にコンパクト。

場所をとらないので助かります!

取っ手の取り外しがワンタッチで簡単!

取っ手や持ち手も使用したいときにワンタッチで取りつけることができ、使用後もフライパンや鍋を洗う前に外せば洗うのも簡単で本当に重宝します。

取っ手は追加で購入ができる!

取ってや持ち手が足りなければもちろん単品でも買い足しできます。

どんどん増えても収納ができて便利ですよ。

スポンサーリンク

取っ手が取れるフライパンや鍋のメリットは収納だけじゃない!

取っ手が外れる鍋

鍋やフライパンの取っ手が取れると、収納がとても便利だという事がわかったと思います。

しかし、取っ手が取れるフライパンや鍋のメリットは収納だけではありません!

取っ手が外れるから料理をそのまま冷蔵庫に入れることができる!

取っ手が外れる鍋であれば料理を作った後そのまま冷蔵庫に入れることができるというメリットがあります。

取っ手が取れるお鍋なら、もちろん持ち手がないのでスマートにしまうことができます。

そのため、

  • 保存専用のプラスチック容器にいれかえなくてもいい
  • 丼ぶりに移してラップをかける
などの手間もなくなるというメリットがあります。

多めに料理を作ってもこの鍋なら安心して保存しておくことができますよ。

フライパンや鍋をお値打ちに購入して数が増やせる!

フライパンや鍋をお値打ちに購入して数が増やせるというメリットがあります。

  • フライパンや鍋の数を増やしたい時
  • フライパンのコーティングがダメになってきて買い換えたいとき
取っ手が取れるフライパンや鍋ならお値打ちに購入できます。

外れる取っ手や持ちては悪くなることがほとんどありません。

そのため、フライパンや鍋の本体のみ購入し、取っ手はそのまま使えばいいのです。

シングルで忙しい人にも取っ手が取り外せるとメリットあり!

僕みたいに忙しい人にとっては、おすすめです。

1回フライパンを使って、別の料理を作るためフライパンをいちいち洗っていると時間がもったいないですよね!

それに、フライパンにくっつかない加工がされていると、冷めてから洗った方が長持ちするとも聞きます。

なので僕は、フライパンだけで4個持っています。

違う料理を作るときは持ち手を取り外してフライパン本体を交換し、料理を作ります。

そして、食べ終わって落ち着いてから食器などと一緒にまとめてフライパンを洗っています。

ほかにも、朝フライパンを2個使ってそのままにしてしまい、仕事から帰宅してからフライパンを洗う!なんていうこともあります。

まとめ

どうでしたか?

最初は取っ手が取れるフライパンやお鍋というと珍しいものでしたが、最近はいろいろなメーカーで出しています。

値段も、高価というイメージだったものがずいぶんとお安いものも増えていますね。

もしもこれから調理器具をそろえたいと考えているのであれば、ぜひ取っ手の取れるものをメーカーでそろえてみてはいかがですか?

もちろん増えすぎた鍋やフライパンを思い切って一掃してすべて買い替えるのもお勧めですよ。

取っ手が取れるフライパンやお鍋は収納も便利ですし、あとから欲しいアイテムや、セットにないアイテムを単品で買い足すこともできます。

特にキッチンの調理場所に困っているというのであれば、取っ手が取れるフライパンやお鍋がおすすめです。

スポンサーリンク